EDIUS関連商品が豊富  EDIUSが送料無料
docomo Xperiaアクセサリ一覧 Xperiaアクセ全て送料無料

2014年03月05日

Windows環境なのに素材をmov(HDV)ファイルで渡されたときの解決方法!

相変わらずWinとmacの壁が埋まらない今日この頃。
今回はWindows環境なのに、素材をmov(HDVコーデック)で渡されたときの解決方法をお教えします。

ご存知の通り、mov(HDV)はWindowsでは再生すらできません。しかし、こちらのフリーウェアを使うと、mov(HDV)m2ts画質を落とさず変換してくれます。movからm2tsへ、コンテナだけを変換してくれているようです。

XMedia Recode

・やり方

1・mov(HDV)ファイル読み込み&選択
XMedia Recodeを立ち上げ「ファイルを開く」ボタン、もしくはmov(HDV)ファイルを直接アプリ上へドロップ。
読み込まれたmovファイルを選択(複数ファイルがある場合は全選択)。

2・変換プロファイル設定
「形式」タブの形式ファイル拡張子を「m2ts」に切り替える。
「ビデオ」タブのモード「コピー」に切り替える。※超重要。デフォルトの「変換」のままだと再圧縮されてしまい画質が著しく低下する。
「リストに追加」アイコンをクリック(これで変換プロファイルがmovに適用される)。

3・確認、変換
「リスト」タブでmovファイルに適用されているプロファイルが一覧表示される。
その中でも、「ビデオ」欄が「コピー」になっているか確認すること。もし失敗していたら1のmovファイルを選択するところからやり直す。
全てOKなら、「エンコード」ボタンをクリック。変換が始まります。


コンテナを変更させるだけなので、エンコードはあっという間に完了します。
でき上がった(変換された)m2tsファイルは、EDIUSで直接編集できます。
これでまた一つ、悩み解消!


posted by 管理人 at 22:19 | Comment(0) | EDIUS Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

成功!XPERIA A(SO-04E) Android 4.2アップデート&root化に挑戦

XPERIA A(SO-04E) rootedでAndoroid 4.2へのアップデート&root化に成功しました。
某巨大匿名掲示板の情報を頼りに手順をまとめてみました。

ちなみにアップデート前の端末は
ビルドバージョン10.1.1.D.2.26
root取得済、CWM導入済

の端末です。
多分違うビルドバージョンでもこの方法でいけると思います。

※重要 注意事項
root化を行うとメーカー補償は一切無くなります。
作業中にデータ消失・端末の文鎮化が起きても、当方では一切責任は負えません。
文鎮化した端末をDOCOMOに持っていかないように。
全て自己責任で、失敗しても泣かない覚悟で作業に挑んで下さい。



では、アップデート手順です。


1●システム部の初期化、ビルドバージョン10.1.1.D.2.26のftfを焼く
システムに手が入っていると、アップデートに失敗してしまうようです。
システム部の初期化も兼ねて、Flashtoolで10.1.1.D.2.26.ftfを焼きます。
Flashtoolの入手はこちら使い方の参考はこちら。
10.1.1.D.2.26のftfの素はこちらで入手できます。
split files(分割ファイル)はコレで結合しました。
ダウンロードしたファイルからftfファイルを作ります。
作り方はこちらの後半を参考に。

できあがった10.1.1.D.2.26.ftfをFlashtoolで端末に焼きます。
焼くときにWipeのチェックを外しておけば、端末のユーザーデータは初期化されません。

2●端末のroot化
rootkitA_JB_2_26.zipで1クリックroot化します。
rootkitA_JB_2_26.zipはこちらで入手できます。
PCにUSBで端末を繋いでinstall.batを実行するだけでroot化が完了します。
端末のUSBデバッグをオンにしておくこと。

3●ビルドバージョンを10.1.1.D.2.31にアップデート
SO-04Eの 設定 > 端末情報 から普通に10.1.1.D.2.31へアップデートするだけです。

4●root権限アプリをsuperSUに変更
SuperSUをインストール。
SuperSUを起動させroot実行権をSuperuserからSuperSUに移し、Superuserをアンインストール。

5●hw_config.shを改変
ES ファイルエクスプローラーRoot Browser等で端末の
System/etc/hw_config.shを適当なエディタで開き、最終行の
/system/xbin/busybox run-parts /system/etc/init.d
の一文を削除(改行は残しておくこと)。

一旦 hw_config.sh を別のフォルダにコピー > 改変 > 元の場所に上書きコピー という手順が安全です。コピーしたあとに、hw_config.sh のパーミッションをrw-r-r-に戻すのを忘れないように。

この後のOSアップデートの失敗は、この hw_config.sh が原因であることが多いです。
なので、こちらから改変後の hw_config.sh が手に入るので、これを ダウンロード&指定の場所に上書きコピー して使うのが安全です。

6●Android 4.2へOTAアップデート
SO-04Eの設定 > 端末情報 > Androidのアップデートを開始。
再起動 > ドロイド君インストール画面 を経てアプデが完了。
成功すればrootedのAndroid 4.2のSO-04Eができあがります。
勿論アプリ等のユーザーデータはアップデート前から引き継いでいますし、rootも問題ありません。こちらのツールCWMも導入しておきましょう。実行させるファイルはsupersu.batです。

そのうち楽な方法も出てきそうですね…。
最後に、参考にさせて頂いた様々なブログの管理者様、便利なツールを無償で提供して頂いた皆様方、そして数多の人柱の方々に感謝と敬意を表します…。

posted by 管理人 at 19:16 | Comment(12) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

SONYのレンズカメラQX10/QX100のスペック(追記)

いきなりですが、昨日発表されたSONYのレンズカメラ、QX10/QX100が非常に気になっています。
qx100.jpg
特にQX100。鞄に小型レンズを転がしておくだけで、いつでもコンデジ以上のクオリティで撮影できるというのが非常に魅力的。今のところ国内販売に関する発表はされていませんが、輸入してでも欲しいほど購買意欲が刺激されました。

少し冷静になろうと、詳細スペックを探したところ、スペックシートを発見。個人的に知りたかった部分は以下の通りでした。

F値は最小1.8
ズームは3:2で28-100mm、16:9で29-105mm、4:3で30-108mm(35mm換算)
シャッタースピードは最速1/2000
静止画はJpegのみ(RAWでの記録不可)
動画は1440x108030fps
ステレオマイク・モノラルスピーカー内蔵
使用可能メディア Memory Stick Micro(最大16GB)・microSD(最大64GB)
バッテリー NP-BN(NP-BN1)

レンズは非常に明るくて良いですね。静止画に関して言えば、スナップ撮りなら問題ない性能。しいて言えば、広角側がやや狭いかも。
マイナスポイントを上げれば、RAW不可だったり動画が1440x1080/30fpsなところでしょうか。バッテリー NP-BN(NP-BN1)は容量630mAhと少な目。一概に言えませんが、同じバッテリーを使えるコンデジの記録枚数は200-250枚、動画記録時間はは55-90分程度。多分実働1時間程度だと思われます。

YouTubeでQX100で撮影したムービーのサンプルもあります。

YouTube画質なので、なんとも言えない感じですね。

総じて、小型化とトレードオフな部分がこの機種のネガティブポイントなので、高画質&超小型という点に魅力を感じることができればそれなりに満足できそう。あとは価格です。QX100が$498.00、QX10は$248.00。特にQX100は、性能から考えるとやや割高感があります。

アメリカでの発売は9月27日、続報が楽しみです。

参考 米amazon
Sony DSC-QX100 Sony DSC-QX10

※追記
国内amazonにも輸入品の販売が出ていますね。
但し送料考えても割高な価格設定。B&H等で個人輸入したほうが安いですね。






タグ:QX10 QX100 SONY
posted by 管理人 at 19:05 | Comment(0) | 最近の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

XPERIA A(SO-04E) Android 4.2アップデート&root化に挑戦

本日XPERIA A(SO-04E)にAndroid 4.2のアップデートが来ましたね。ビルドバージョン10.1.1.D.2.26&root化済端末でとりあえずアップデートに突入してみましたが、案の定アップデート失敗。一筋縄でいかないようです。

root化してるものの、特にカスタムしていません。幾つかの使わないアプリをTitaから凍結&CWMを導入してるくらいの端末です。

とりあえずアップデート前の最新バージョン10.1.1.D.2.31(root不能ビルド)からでないとアップデートできないという情報を拾い、こちらのサイトを見ながらroot維持&最新ビルド化を試しましたが、これもまたうまく行かず。

前途多難です。

posted by 管理人 at 21:13 | Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

WindowsでApple ProResを書き出す その2

前回に続き、WindowsでApple ProResを書き出す方法です。

ProResConverter-screenshot.png
・AfterEffectsのスクリプトを使う
FFmpegを利用してAfterEffectsから ProResを出力するスクリプトがありました。(CS5.5、6でのみ動作確認済みだそうです。)
ProRes 422 Conversion for After Effects

上記のサイトからダウンロードしたファイルを解凍してできる2つのフォルダを、AEがインストールされているフォルダ内のSupport FilesScriptsに上書きコピー。(何かを書き換える訳ではないのでご安心を。)
これで準備完了。

AEを立ち上げ、ウインドウProResConverter.jsxを選択すれば、スクリプトパネルが現れます。
ファイルスクリプトスクリプトファイルを実行から起動しようとするとエラーになります。

元ソースとなるムービーファイルをフッテージとして読み込みます。
プロジェクトパネルの中で変換したいムービーを選択して、スクリプトパネルのConvert to ProResボタンをクリック。
これでProResファイルが出力されます。(FFmpegが対応できないソースの場合は何も起こりません。)

他にもOther(ffmpeg) parametersの欄で、FFmpegをコマンドラインから出力する際に使えるパラメータ設定ができたり、Output folderで出力先も指定できます。



・FFmpegの問題点
前回のAnotherGUIも今回のスクリプトも、エンコードのエンジンにはFFmpegを使用しています。残念ながら、FFmpegを利用したProRes変換には幾つかの問題点があります。

問題点 その1 多分ライセンス違反
こちらのブログで解説されているように、本来ProResはFCPがインストールされている環境でのみ使用が許されています。しかし、完全に黒とも言いがたく、判断が難しいようです。何時危うきに近寄らず、な方は使用しないほうが得策です。

問題点 その2 クオリティに問題
またもや引用ですが、こちらのブログでの検証結果によると、若干本物のProResに比べて品質が劣るようです。但し、自分が実験した映像は元ソースと殆ど見分けがつかないレベルでした。

問題点 その3 グラスバレーHQ、HQXコーデックからは変換できない
私のようにEDIUS環境の人には一番ガックリくる欠点です。FFmpegがHQ・HQXコーデックに対応してないっぽいです。EDIUSで書き出したファイルを変換する場合、HQ・HQX以外の形式で書き出すしか無いようです。


・まとめ
ネットで検索すると様々な、WindowsでProResがエンコードできるアプリ(主に海外製)がありましたが、どうやらその殆どがFFmpegをエンコードエンジンに使用しているようです。つまり、上記の問題点はどのアプリを使おうが回避不能ということです。

posted by 管理人 at 22:17 | Comment(3) | WindowsでProres変換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

WindowsでApple ProResを書き出す その1

Windowsで編集していると、困るのがApple ProResコーデックでの納品を指定されること。ご存知の通り、ProResはWindowsから書き出すことはできない。自分も年に数回あるこのオーダーのために、MacとFCPを購入してしまった。しかし何とかWindowsだけでProRes書き出しできないものか。ということで、少し方法論を探ってみた。

・FFmpegを使う
実は数年前、WindowsでProResを書き出す手段といて注目されたフリーウェア「FFmpeg」。FFmpegはProRes以外にも様々なコーデック変換ができるのだが、短所として、コマンドラインから使用しなければならず、非常に敷居が高い。

なので、FFmpegをグラフィカルに操作できる「AnotherGUI」という補助アプリを利用してみる。
AnotherGUI.jpg

・AnotherGUIを使う
まずはFFmpegをこちらのページからダウンロード。
PCに合わせて32bit版か64bit版の、末尾に”Static”と書いてあるやつをダウンロードします。

次にAnotherGUIをこちらのページからダウンロード。
中央あたりの”here”から落とせます。

ダウンロードしたファイルを解凍。
FFmpegのbinフォルダの中のffmpeg.exeをAnotherGUIのフォルダ内、AnotherGUI.exeと同じ階層にコピーすれば、準備完了です。


では早速使ってみます。
AnotherGUI.exeをダブルクリックして起動させます。
「Preset」をクリックし、変換したいコーデックを選びます。
ProResコーデックは36,75,112,185と4つのビットレートがあります。それぞれ変換後はProRes Proxy,LT,HQ,HQ高品質?となります。

「Add Source(s)」で変換元の映像ファイルを選びます。
また、読み込まれたソースの出力先(Output Folderの欄)をダブルクリックして、「Change Output Path」をクリックすることで、出力先のフォルダーを変更することもできます。

あとは、Goボタンで出力が開始されます。


次回はAfterEffectsからProResの書き出しに挑戦です。
続く。

タグ:EDIUS Proress apple
posted by 管理人 at 23:27 | Comment(2) | WindowsでProres変換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。