EDIUS関連商品が豊富  EDIUSが送料無料
docomo Xperiaアクセサリ一覧 Xperiaアクセ全て送料無料

2013年07月25日

WindowsでApple ProResを書き出す その2

前回に続き、WindowsでApple ProResを書き出す方法です。

ProResConverter-screenshot.png
・AfterEffectsのスクリプトを使う
FFmpegを利用してAfterEffectsから ProResを出力するスクリプトがありました。(CS5.5、6でのみ動作確認済みだそうです。)
ProRes 422 Conversion for After Effects

上記のサイトからダウンロードしたファイルを解凍してできる2つのフォルダを、AEがインストールされているフォルダ内のSupport FilesScriptsに上書きコピー。(何かを書き換える訳ではないのでご安心を。)
これで準備完了。

AEを立ち上げ、ウインドウProResConverter.jsxを選択すれば、スクリプトパネルが現れます。
ファイルスクリプトスクリプトファイルを実行から起動しようとするとエラーになります。

元ソースとなるムービーファイルをフッテージとして読み込みます。
プロジェクトパネルの中で変換したいムービーを選択して、スクリプトパネルのConvert to ProResボタンをクリック。
これでProResファイルが出力されます。(FFmpegが対応できないソースの場合は何も起こりません。)

他にもOther(ffmpeg) parametersの欄で、FFmpegをコマンドラインから出力する際に使えるパラメータ設定ができたり、Output folderで出力先も指定できます。



・FFmpegの問題点
前回のAnotherGUIも今回のスクリプトも、エンコードのエンジンにはFFmpegを使用しています。残念ながら、FFmpegを利用したProRes変換には幾つかの問題点があります。

問題点 その1 多分ライセンス違反
こちらのブログで解説されているように、本来ProResはFCPがインストールされている環境でのみ使用が許されています。しかし、完全に黒とも言いがたく、判断が難しいようです。何時危うきに近寄らず、な方は使用しないほうが得策です。

問題点 その2 クオリティに問題
またもや引用ですが、こちらのブログでの検証結果によると、若干本物のProResに比べて品質が劣るようです。但し、自分が実験した映像は元ソースと殆ど見分けがつかないレベルでした。

問題点 その3 グラスバレーHQ、HQXコーデックからは変換できない
私のようにEDIUS環境の人には一番ガックリくる欠点です。FFmpegがHQ・HQXコーデックに対応してないっぽいです。EDIUSで書き出したファイルを変換する場合、HQ・HQX以外の形式で書き出すしか無いようです。


・まとめ
ネットで検索すると様々な、WindowsでProResがエンコードできるアプリ(主に海外製)がありましたが、どうやらその殆どがFFmpegをエンコードエンジンに使用しているようです。つまり、上記の問題点はどのアプリを使おうが回避不能ということです。

posted by 管理人 at 22:17 | Comment(3) | WindowsでProres変換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

WindowsでApple ProResを書き出す その1

Windowsで編集していると、困るのがApple ProResコーデックでの納品を指定されること。ご存知の通り、ProResはWindowsから書き出すことはできない。自分も年に数回あるこのオーダーのために、MacとFCPを購入してしまった。しかし何とかWindowsだけでProRes書き出しできないものか。ということで、少し方法論を探ってみた。

・FFmpegを使う
実は数年前、WindowsでProResを書き出す手段といて注目されたフリーウェア「FFmpeg」。FFmpegはProRes以外にも様々なコーデック変換ができるのだが、短所として、コマンドラインから使用しなければならず、非常に敷居が高い。

なので、FFmpegをグラフィカルに操作できる「AnotherGUI」という補助アプリを利用してみる。
AnotherGUI.jpg

・AnotherGUIを使う
まずはFFmpegをこちらのページからダウンロード。
PCに合わせて32bit版か64bit版の、末尾に”Static”と書いてあるやつをダウンロードします。

次にAnotherGUIをこちらのページからダウンロード。
中央あたりの”here”から落とせます。

ダウンロードしたファイルを解凍。
FFmpegのbinフォルダの中のffmpeg.exeをAnotherGUIのフォルダ内、AnotherGUI.exeと同じ階層にコピーすれば、準備完了です。


では早速使ってみます。
AnotherGUI.exeをダブルクリックして起動させます。
「Preset」をクリックし、変換したいコーデックを選びます。
ProResコーデックは36,75,112,185と4つのビットレートがあります。それぞれ変換後はProRes Proxy,LT,HQ,HQ高品質?となります。

「Add Source(s)」で変換元の映像ファイルを選びます。
また、読み込まれたソースの出力先(Output Folderの欄)をダブルクリックして、「Change Output Path」をクリックすることで、出力先のフォルダーを変更することもできます。

あとは、Goボタンで出力が開始されます。


次回はAfterEffectsからProResの書き出しに挑戦です。
続く。

タグ:EDIUS Proress apple
posted by 管理人 at 23:27 | Comment(2) | WindowsでProres変換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

EDIUS Pro 7 の製品ページが公開

edius_pro_7_gui.jpg

EDIUS Pro 7 の製品ページが公開されました。
http://www.grassvalley.jp/products/edius_pro_7.php

ページデザインが海外grass valley社と統一されましたね。製品情報は先日発表された情報となんら変わりはありません。しかし、新たな情報として発売日・価格が上げられています。

EDIUS Pro 7 通常版 \79,800
EDIUS Pro 7 アップグレード版 \29,800
EDIUS Pro 7 アカデミック版 \39,800
発売日 全て 8月下旬

だそうです。良くも悪くも予想の範囲内の価格ですね。
もうひとつ、重大な点として、現時点でEDIUS Neo および EDIUS Express の新バージョンの発売予定は無いということ。こちらのFAQにあります。

その他、UIはEDIUS 6.5と全く見分けできないほど同一であること、相変わらず下位バージョンとの互換性は完全でないこと、やはりサードパーティーは付属しないこと、現行のサードパーティーはそのままEDIUS Pro 7 で使用できないことも分かりました。

個人的にはDaVinci Resolveとの連携が気になっています。

タグ:EDIUS
posted by 管理人 at 22:06 | Comment(0) | EDIUS Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

EDIUS 7 発表と雑感

EDIUS 7がついに発表されました。

ラスバレー ノンリニア映像編集ソフトウェア「EDIUS 7」を発売
http://www.grassvalley.jp/press_releases/2013/edius_7.php

大きな目玉は
・最新のマルチコアCPUへの対応に加え、メモリ使用を最適化することで、 4K映像のリアルタイム編集を実現
・XAVC、AVC-Ultra、EOS-1D Cなど最新の映像ファイルフォーマットに対応
・サードパーティー製I/Oハードウェアに対応
・お客様の要望に応えた新機能により、より快適な映像編集環境を提供


とのことですが、細部に所々気になる点もありますね。まずは64bitにネイティブ対応。とうとうきましたね。まあ4K対応させるなら当然と言えば当然。AEが64bit化された時の快適さを思い出すと、これはもう大歓迎です。プラグイン系の古い資産は全滅でしょうが、そもそもEDIUSはアップデートによる上位も下位も互換性が怪しかったので、少し腹立たしくもありますが、一から出直すのは慣れています。

ハードはBM、Matrox、AJAへ対応。サードパーティーの受け入れも、ユーザーにとっては非常に素晴らしいことです。中でもDaVinci Resolveの対応は驚きでした。しかし、これは反面「カラグレはサードでやってね」的なスタンスの表れとも取れます。サードやプラグインに依存し、スタンドアローンでは仕事が成立しない、なんてEDIUSの未来が来たら嫌ですねぇ。従来の Grass Valley 製のハードウェアも対応されるかのような記述もあります。64bitになってもSTORMは使えるのかな。

エフェクトについては唯一、「自然なボケ味が実現できる」ガウシアンブラーフィルタが記述されています。これは裏を返すと、その他のエフェクトの追加等は無いということでしょうか。個人的にはEDIUSの弱点はエフェクト・トランジションの弱さ(少ない・ダサい)だと思っているので、もし私の想像通りなら残念です。

発売時期は2013年第3四半期(今年秋頃)。サードパーティーの日本語ローカライズ対応は今年冬頃。機能的進歩としては上々のように思えますが、クリエイティブツールとしての進化はEDIUS 5あたりから全く進歩が無いように思えてなりません。

posted by 管理人 at 00:21 | Comment(0) | EDIUS Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。