EDIUS関連商品が豊富  EDIUSが送料無料
docomo Xperiaアクセサリ一覧 Xperiaアクセ全て送料無料

2010年11月18日

Xperiaマルチタッチ対応&IMoNiを便利に使う・デコメ入力を快適に!

どうやらXperiaの次回アップデートで、ついにマルチタッチ?対応となるようです。?がついているのは、どうやら正式なマルチタッチという訳では無いようです。主にピンチズームとしての機能に限定されるよう。詳しくは続報を待ちましょう。

ソース:juggly.cn
Sony EricssonはXperia X10でのマルチタッチ操作(ピンチズーム)対応に向けて動いているそうです


ソニエリさんがユーザーの要望を真意に受け止め、公式に不可能とコメントしていた機能まで盛り込んでくるとは、一企業として素晴らしい対応だと思います。裏を返すと、スマフォ競争がそれほど激化しているとも言えるかもしれません。

そんなソニエリを完全に足を引っ張っているとしか思えない、我らが日本企業ドコモ。あまりやる気を感じない冬モデルのラインナップと、相変わらず使えないSPモードメールアプリ。今月頭のアップデートで、受信BOXを開くのに異様な時間がかかる問題の回避方法「電話帳登録名の非表示」が封印されました(笑)電話帳登録名を表示にしようが、非表示にしようが、受信BOXを開くだけで数秒かかります。

素晴らしい対応です(怒)。アップデートの後、またもや沈黙のドコモ。ということで、さっさとSPメールを捨て、IMoNiに戻りました。APNはSPモードのまま、iモード+iモード.netの契約でIMoNiは使用可能です。

本題:IMoNiでデコメ入力を快適に行う作戦

で、想像通り非常に快適に過ごしています。ただ、唯一の欠点はデコメ関係でしょう。一応「デコ美」というアプリもありますが、私には非常に使いづらく感じます。デコメのサイズによっては画像が切れてしまったり、非常に小さく表示されてしまったり。有料版のグループ分け機能も使いづらいです。そこで、一工夫してみました。

・ESファイルエクスプローラーを使う。
『ESファイルエクスプローラー』(以下ES)というファイラーを多少カスタマイズして使います。マーケットなどで検索すれば見つかると思います。ESがインストールされていれば、IMoNiでメールの作成中に「デコメ絵文字」をタップすると「ESファイルエクスプローラー」という表示欄が現れると思います。(出てこない場合はIMoNiを再インストール。)

jwF.u.cs.png.jpg

・ESの設定
通常、ESが立ち上がると、SDカードのファイル一覧が表示される状態で起動します。ここから毎回デコメが保存されているフォルダを探すのも面倒ですね。なので、

メニューボタン→設定→ホームディレクトリを選択

このホームディレクトリに、デコメが保存されているフォルダを指定してやります(IMoNiだと/sdcard/imoni/deco/)。これでIMoNiから呼び出したとき、一発でデコメフォルダが開きます。また、デコメフォルダ内に更にフォルダを作って、デコメをグループ分けすることもできます。メニュー→新規の中にフォルダ作成、ファイルの長押しやメニュー→オペレーションの中でファイルのコピーや移動などができます。各自カスタマイズしてみて下さい。

また、この方法だと、ESを開くたびにデコメフォルダから開始されてしまいます。通常のファイラーとしてもESを使いたい場合は、ESを立ち上げ、左上の「/・ホーム」ボタンでrootディレクトリに移動して(「/・ホーム」が家のマークの状態)、sdcardフォルダを長押し→ショートカットをタップ。するとホームに、SDカードのルートから立ち上がるESのショートカットが作成されます。
今後、ファイラーとしてESを使用したい場合は、このショートカットから立ち上げると便利です。

あともう一つ、設定→ファイルに関する設定→縮小版を表示に、忘れずにチェックを入れておいて下さい。

・デコメビューワとして使う
ファイラーのアプリは沢山あるけれど、何故ESが良いのか。それはUIが非常に優秀だからです。右上の一覧表示のボタンで、リスト表示・アイコン表示の切り替えができますが、さらに長押しすることで、アイコンサイズを二段階で切り替えることができます。小さいデコメを大きく表示したり、またはその逆がUI操作で可能です。
また、設定→テーマ設定で背景色をカスタマイズすることもできます。背景によって見にくいデコメを使っている場合は非常に便利な機能です。

ESを使うことで、自分はデコメ入力が飛躍的に快適になりました。もし宜しければ、皆さんもお試し下さい。

タグ:XPERIA android
posted by 管理人 at 03:36 | Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。