EDIUS関連商品が豊富  EDIUSが送料無料
docomo Xperiaアクセサリ一覧 Xperiaアクセ全て送料無料

2012年05月18日

EDIUS Pro 6.5が期待はずれ

EDIUS 6.5の製品ページが公開されました。
EDIUS Pro 6.5 製品ページ
http://pro.grassvalley.jp/catalog/edius/edius_pro_65_index.php


何故か名前にProがついています。昔から名前にProがつくNLEにプロ用ツール無しと都市伝説がありますが…ウホン。しかもどうやら海外版ではProはつかない模様。なぜ国内版はこんな意味の無いことをするのかな…。価格は通常版79,800円、UPG版29,800円です。特に驚く要素もありません。

基本的には前回の記事に書いた変更内容です。エフェクトの強化はカラコレが10bitに対応したくらいで期待はずれ。その他注意事項が幾つか。

・Windows XP/Vistaには対応しておりません。
・FIRECODER Bluは使用できません。

アーキテクチャがWin7と同じvistaまで切るのが腑に落ちないですが、そこまでやるならネイティブ64bitになって欲しいところ。まあそれは難しいことと判ってはいますが、それにしても中途半端だなぁと感じます。FIRECODER Blu未対応は、Sandy BridgeならQSVが使えるので差し支えないでしょう。しかし旧ハード使用の場合、6.5のためにPCスペックを上げる必要がありますが、それだけの魅力が6.5にあるかというと微妙だと思います。現状に差し支えなければ、EDIUS 7まで待つのが正解ではないでしょうか。

・ユーザー登録、ソフトウェアの認証・アップデート、サポートにはインターネット接続環境が必要になります。
良いと思います。クラックユーザー対策にもなるでしょうし、ダウンロード販売もバンバンやれば良いと思います。但し、気になるのはライセンス。6までは複数台のPCにインストールして、ドングル移動で使いまわすことも認められていました。ドングル廃止で1PC1インストールのみとなれば、不自由になる方もいらっしゃるのでは。

・サードパーティーソフトウェアは付属していません。EDIUS 6に付属していたサードパーティーを使用するには、各ベンダーからの情報をお待ちください(リリース時期・価格ともに未定)
・TitleMotion Proは付属していません。EDIUS Pro 6.5に対応しているサードパーティー製タイトラーは後日ご案内する予定です。
・声の職人(LITEを含む)、および声の職人 2(LITEを含む)には対応していません。EDIUS Pro 6.5に対応したアップデータは、EDIUS Pro 6.5発売後にリリース予定です。

サードパーティー絡みは全滅です。スタビライザーは標準機能化したので良いですが、その他のプラグインエフェクトが全滅なのは痛すぎ。個人的には、新たに追加された機能よりも遥かに大きいデメリットです。TitleMotionは無くても良いですけど笑

トータルで見ても、アップグレードに3万出す価値は見つけられませんでした。放送系でラウドネス必須とか、新たに対応したフォーマットがどうしても必要じゃない限り、6で十分です。目先の利益で中途半端な物を出すより、本当の意味でプロを唸らせる一新したEDIUS 7に開発力を注いで欲しかったなぁという印象です。こんな調子で更にHQコーデックがフリー化されれば、EDIUSの存在価値は薄くなるだけです。

EDIUSはリアルタイム性が売りですが、逆に言うともうそれしか無い。そんな気持ちにさせる6.5でした。


タグ:EDIUS
posted by 管理人 at 03:19 | Comment(0) | EDIUS Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。