EDIUS関連商品が豊富  EDIUSが送料無料
docomo Xperiaアクセサリ一覧 Xperiaアクセ全て送料無料

2014年03月05日

Windows環境なのに素材をmov(HDV)ファイルで渡されたときの解決方法!

相変わらずWinとmacの壁が埋まらない今日この頃。
今回はWindows環境なのに、素材をmov(HDVコーデック)で渡されたときの解決方法をお教えします。

ご存知の通り、mov(HDV)はWindowsでは再生すらできません。しかし、こちらのフリーウェアを使うと、mov(HDV)m2ts画質を落とさず変換してくれます。movからm2tsへ、コンテナだけを変換してくれているようです。

XMedia Recode

・やり方

1・mov(HDV)ファイル読み込み&選択
XMedia Recodeを立ち上げ「ファイルを開く」ボタン、もしくはmov(HDV)ファイルを直接アプリ上へドロップ。
読み込まれたmovファイルを選択(複数ファイルがある場合は全選択)。

2・変換プロファイル設定
「形式」タブの形式ファイル拡張子を「m2ts」に切り替える。
「ビデオ」タブのモード「コピー」に切り替える。※超重要。デフォルトの「変換」のままだと再圧縮されてしまい画質が著しく低下する。
「リストに追加」アイコンをクリック(これで変換プロファイルがmovに適用される)。

3・確認、変換
「リスト」タブでmovファイルに適用されているプロファイルが一覧表示される。
その中でも、「ビデオ」欄が「コピー」になっているか確認すること。もし失敗していたら1のmovファイルを選択するところからやり直す。
全てOKなら、「エンコード」ボタンをクリック。変換が始まります。


コンテナを変更させるだけなので、エンコードはあっという間に完了します。
でき上がった(変換された)m2tsファイルは、EDIUSで直接編集できます。
これでまた一つ、悩み解消!
posted by 管理人 at 22:19 | Comment(0) | EDIUS Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。