EDIUS関連商品が豊富  EDIUSが送料無料
docomo Xperiaアクセサリ一覧 Xperiaアクセ全て送料無料

2011年10月12日

Yahooボックスを使ってみた

スマホブーム加熱で、各企業もニーズを狙ったサービスに注力していて、ユーザーとしては嬉しい限り。そんな中、Yahooからも新たなファイルストレージサービス「Yahooボックス」が(当初予定していた10月5日から5日遅れで)スタートしました。

ファイルストレージサービスといえば、以前SugerSyncをご紹介しました。相変わらず便利に常用しています。当初5GBだった容量も、紹介で500MBプレゼントが重なり、今や30GB超しています笑。そんな自分も、Yahooボックスは興味を惹かれます。

ファイルストレージを選ぶ大きな要素として、ストレージ容量が上げられます。Yahooボックスは無料ユーザーは5GBと、競合の中では平均・やや少なめ?程度。月額346円のYahooプレミアム登録で、50GBが使用可能となります。

この、Yahooプレミアムを使うというところがミソです。私はYahooオークションを利用しているので、Yahooプレミアムはすでに利用しているんですね。私のようなユーザーは何の追加料金も必要なく50GBのストレージをゲットできます。これはもう、使わないと損です。ということで、早速導入して見ました!


SugerSyncと同様、ブラウザからのファイルのアップロードが可能ですが、300MB以上のファイルはYahooボックスアプリを利用しないとアップロード不可らしいので、デスクトップとノートにインストールしてみました。

アプリを導入すると、PC内に「Yahooボックスフォルダ」が自動で作成されます。フォルダ内に移動したファイルは、自動でサーバ側へアップロードされます。複数台のPCにアプリを導入した場合、「Yahooボックスフォルダ」は共有フォルダのような扱いになり、常に中身は同期されます(SugerSyncのマジックブリーフケースと全く同じ)。

しかし、Yahooボックスアプリの設定>フォルダー>領域の節約を行うと、ローカルに表示されるのはリンクファイルだけとなり、ファイルそのものはYahooボックスのサーバ内だけに置かれます。ファイルを開いたり移動させようとした時だけダウンロードされるようです。


SugerSyncの様に、各PCで同期させたいファイルはマジックブリーフケースへ、サーバで保管したいデータはウェブアーカイブへ、という分かりやすい仕様に慣れた後だと少々中途半端に感じる仕様です。ストレージ上だけで管理したいファイルや、複数台で共有したい等、個別で管理するのは少し面倒くさそう(というか、無理?)。
しかも、こういった仕様の説明は皆無に等しく、非常に不親切です。アプリはWindows・Androidしかなく、iPhoneアプリは後日公開。macはブラウザからのアクセスのみというのも如何なものでしょうか。

Androidアプリも自動アップ機能なども無く、こちらの方もSugerSyncの方が優れているように感じます。また、リリースノートを見ると結構深刻な既存のバグもあるようです。

通常ユーザーの5GBのプランを選ぶなら、正直あまりおすすめできません。紹介で容量も増やせるSugerSyncの方が機能・サービス共に充実していて使いやすいです。
但し、Yahooプレミアムを既に利用しているユーザーなら話は別です。50GBの大容量はそれだけで利用価値がありますね。それにSugerSync無料ユーザーは、人にファイルを送る(ファイルにアクセスできるアドレスを相手に送り、ダウンロードしてもらう)のにファイルサイズ25MBまでという制限がありますが、どうやらYahooボックスにはそういった制限はなさそう。
なので私の場合、ファイルサイズの大きいチェック用映像データなどを、Yahooボックスを介して相手に送り、チェックしてもらう・納品する、といったような使い方ができそうです。

暫くは、SugerSyncとYahooボックスの両刀使いで幸せになれそうです。





posted by 管理人 at 00:29 | Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

EDIUS 6.05アップデート公開!

多数バグフィックスされています。相変わらずMXFへの対応は無し(メジャーアップデートでもしない限り無理かな?と諦めモード)。Readmeを見ると、未公開の6.04もあったようです。
http://pro.grassvalley.jp/download/edius6.htm

私は海外版ユーザーなので、海外のサイトからダウンロードしました。無料でダウンロードできるのに、ヤフオクでは有料でアップデートパッチを販売している悪質な業者もいるようです(^^;。そんなに難しくはないので、こちらを参照にして自力でやった方が良いと思います。

アップデートの内容はこちら。


---------------------------------------
●Version 6.04 ( Release: 2011/7/22 )
---------------------------------------
以下の機能を追加しました。
・プロキシファイルがプルダウン・フォーマットに対応しました。
以下の不具合を修正・改善しました。
<キャプチャ・ファイル読み込み・ソースブラウザ関連>
・Final Cut Proで取り込んだP2 DVCPRO の素材が EDIUS で正常に読み込めない(EDIUS 6 Broadcast のみ)。
・Apple ProResファイルを読み込んだ際に正常に色が表示されない。
・特定の Apple ProRessファイルを読み込んだ際にスクイーズされて表示される。
・特定の DVCPRO 形式の MOV ファイルが EDIUS で読み込めない場合がある。
・ソースブラウザからP2カードのクリップをBinへバックグラウンド転送する際にレスポンスが低下する(EDIUS 6 Broadcast のみ)。
・特定のプロジェクトの読み込みに時間がかかりすぎる。
・MXF にキャプチャした際にプルダウン情報が書き込まれない(EDIUS 6 Broadcast のみ)。
・テープのキャプチャ時に設定したIn/Out 点のタイムラインカーソルとテープのFD/NFDが異なった場合に正常にキャプチャマージンが設定されない。
・23.98p over 59.94p の素材を 23.98p のプロジェクトに読み込んだ際に正常に読み込まれない。
・エクスプローラーから静止画ファイルをドロップする際にドロップシャドーが正常に表示されない。
・エクスプローラーから静止画ファイルをドロップする際にタイムラインカーソルよりも前に配置できない。
<ビン/タイムライン操作・エフェクト適用・タイトル作成関連>
・プレイヤーから In点を変更した際にビンに表示されるポスターフレームが変更される。
・大量の HQ クリップをタイムラインに配置して波形キャッシュを表示させた際に EDIUS がフリーズする。
・マスクフィルタでエッジにキーを打って再生すると EDIUS がフリーズする。
・バックグラウンド転送が完了した際にタイムライン再生が停止する。
・タイムライン上のオーディオクリップをモノラル設定にした際に UNDO で PAN 設定がデフォルトに変更される。
・XDCAM からハイレゾのみを取り込んだ際にビンの表示がオフラインクリップになる。
・インフォメーションパレットで既存のトランジションを SMPTE Enhanced Wipe トランジションに置換えると EDIUS が強制終了する。
<BD/DVD 作成関連>
・Disc Burner でディスク作成中に Disc Burner が強制終了する場合がある。
<ファイル/テープ出力関連>
・プルダウン情報が AVI ファイルに書き込まれない。
・特定のプロジェクトでプルダウン情報が設定されない。
・特定の 23.98p over 59.94p のプルダウン情報が入ったAVIファイルを 23.98p のプロジェクトで読み込んだ際にプロキシが作成できない(EDIUS 6 Broadcast のみ)。
<その他>
・多言語環境のローカライズ表記を修正しました。
・EDIUSアンインストール時にドライバがアンインストールされない場合がある。

---------------------------------------
●Version 6.05 ( Release: 2011/9/29 )
---------------------------------------
以下の不具合を修正・改善しました。
<キャプチャ・ファイル読み込み・ソースブラウザ関連>
・オーディオファイルをエクスプローラーからタイムラインにドロップすると右クリックメニューが表示されなくなる。
・チェックアウト先で追加して部分転送したクリップをチェックインした際に部分転送したクリップが取り込まれない(EDIUS 6 Broadcast のみ)。
<ビン/タイムライン操作・エフェクト適用・タイトル作成関連>
・フィルタ設定ダイアログのキーフレームの既定値をベジェから直線へ変更しました。
・マスクフィルタで特定の形状のシェイプを移動させた際にシェイプの一部が欠けて表示される。
・切り出しでチェックアウト後に切り出しコンソリデートすると素材がオフライン表示される(EDIUS 6 Broadcast のみ)。
・持ち出し編集のチェックアウト時にオプションの持ち出し対象を「タイムラインのみ」に選択した際にオフラインクリップが復元できない(EDIUS 6 Broadcast のみ)。
・タイムラインにオーディオトラックが無い時にクリップのドラッグ中のフィードバックイメージが出力されない。
・QuickTitler で特定の図形に対してエンボスの光源Z軸の値を正の値にした際にノイズが生じる。
・TitleMotion Pro のテロップにタイトルミキサーの「スライドA」と「スライドB」をかけた際に同じ動作になる。
・ピクチャーインピクチャーの設定がユーザープリセットに保存されない。
・波形キャッシュ作成時に EDIUS を終了すると正常にEDIUSが終了できない。
<ファイル/テープ出力関連>
・特定のHQ、HQXファイルをT2へFTP転送した際に正常にタイムコードが読み込めない。
・特定の MSDV ファイルを Canopus DV コーデックに変換した際に Windows Media Player で再生できない。
・MEDIAEDGE/HDMA-4000 プリセットで出力された H.264 のファイルが正常に HDMA-4000 で再生できない。


膨大なバグがフィックスされているようですね。個人的にはProRes、XDCAM絡みのバグは苦しんだ経験があるので非常にありがたいアップデートでした。また、6.03から3ヶ月での公開は好感が持てます。今後も頻繁なバグフィックスを期待したいところです。

posted by 管理人 at 02:49 | Comment(0) | EDIUS Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

EDIUS 6海外版はヤフオクで買うな!正しい購入方法

EDIUS 6.03アップデートに合わせて、編集環境をEDIUS5.5から6に移行しはや半月。今のところ大きな障害も無く順調です。というか、なかなか好調です。確かに、微妙なところで5.5との違い(特にクリップの選択状態周り)はありますが、許容範囲。それ以上に、より正統に進化し細部まで見直された操作体系に納得、満足です。

といっても、何度もしつこいようですが、使用しているのは海外版EDIUS。扱えるファイルに制限のかかった国内版は私が扱う業務には向きません。海外版はより安く、あるべき機能を備えています。しかもアップグレード版でもクリーンインストールできてしまうので、大体27,000円前後で正規版が購入できてしまうことになります。

ではどうやって海外版を入手するか?

まずはヤフオクという手がありますが、あまりオススメしません。特に、海外版ではバンドルしていないはずのTitleMotionのセット販売を詠う出品者からの購入は絶対にやめましょう。TitleMotionはすでに数年前からディスコンの製品ですので、海外でも正規単品を購入することは不可能です。素性を明らかにしていない限り、高い確率で違法コピー品でしょう(^^;そして何よりも、高額です。

国内で購入するなら、トラストさんが良いでしょう。輸入機材で知る人ぞ知るお店なので、安心感もあります。価格も良心的ですし、在庫が無くても問い合わせ次第で予約もできそうです。私が購入した頃よりもさらに値下げしています。オススメ。

クレジットカードをお持ちなら、海外から直接購入するのも手です。私はB&Hというお店で購入しました。映像系の人間が海外機材を輸入購入することで非常に有名で、信頼感の高いショップです。
アップグレード版で$279.95、送料は一番安いUPSで$42.46、仮に現在のレート(1ドル=79円)で計算すると$322.41=約25,493円。
複数本まとめて購入するとお得ですが、その場合荷物受け取り時に2,500円前後の関税がかかる場合があるようです。また、クレカは独自のレート換算されるため、上記の計算結果より僅かに誤差が出ます。自分は初めての海外購入でしたが、一週間もたたずに手元に商品が届きました。思ったよりお手軽な印象でしたね。

トラストさんとB&HのEDIUS 6のページのリンクを貼っておくので、購入を考えている人は是非どうぞ。

トラスト株式会社
http://www.trust.tv/catalog/new_item/nonlinear_daw.php
B&H
http://www.bhphotovideo.com/c/product/740793-REG/Grass_Valley_676433_EDIUS_6_Editing_Software.html


ちなみに、アップデートは海外のグラスバレーから入手可能です。登録方法&ダウンロードの仕方はこちらをどうぞ。


タグ:EDIUS
posted by 管理人 at 05:01 | Comment(4) | EDIUS Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

国内グラスバレーでもEDIUS 6.03リリース開始

国内グラスバレーでも、EDIUS 6.03が公開開始。以下のアドレスからダウンロードできます。
http://pro.grassvalley.jp/download/edius6.htm

今現在、公開されているバージョンの表記が「6.02」となっていますが、表記ミスのようで、ダウンロードできるファイルは「6.03」です。ご心配なく(追記:修正されたようです)。そして期待したブロードキャスト同等へのアップデートはありませんでした。どこまでも国内ユーザーにはツンなグラスバレーさんです。

当たり前ですが、アップデート内容は海外版と同一です。





タグ:EDIUS
posted by 管理人 at 16:03 | Comment(0) | EDIUS Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外グラスバレーにてEDIUS 6.03ついにリリース

先ほど、海外グラスバレーにてEDIUS 6.03アップデートが公開されました。ダウンロードしたところ、予想通り日本語のReadmeを発見。6.02から時間がかかった分、フィックスされたバグの数が凄いことになっています。これで幸せになれる方も増えるのでは?
さて、国内は本日中に公開されるのか?どちらにしろ、近日中には公開されると思います。海外グラスバレーからアップデートをダウンロードする方法はこちら。ちなみに、プラグイン関係のアップデートは無いようです。

Version 6.03
[機能追加]
ソニー 60p/50p AVCファイルの読み込みに対応しました。
JVC 60p/50p AVCファイルの読み込みに対応しました。
H.264/AVC(MP4)ファイルのエクスポートに対応しました。(インテル第二世代コアプロセッサ対応)
EDIUS Simul Capture Optionに対応しました。(有償)
K2 EDIUS Connect Optionに対応しました。(有償)

[修正事項]
VTR Emulationモードでシャトルを素早く操作すると、EDIUSが応答なしになる問題を修正しました。
Quick Titlerで複数文字枠をドラッグで選択時点線表示されない問題を修正しました。
Binウィンドウでオーディオクリップを選択している際にタイムライン上からQuickTitlerが起動しない問題を修正しました。
マルチカムモードで、切替ポイントをマウスで移動しても、タイムラインカーソルにスナップしない問題を修正しました。
再生中に停止を実行すると、TLカーソルの動きが遅れて停止する問題を修正しました。
プロジェクト設定とデバイスプリセットの設定が一致していてもテープ出力できない場合がある問題を修正しました。
DVD作成時、音声をLinearPCMのモノラルに設定できない問題を修正しました。
PLRモードでIn/Out指定したクリップをタイムラインに置いた際にタイムコードが正しく表示されない問題を修正しました。
特定のQuickTimeムービーのアスペクト比、解像度がEDIUS上で誤って認識される問題を修正しました。
Final Cut Proで作成したRaylight DVCProHD 720p50のファイルがEDIUSで読めない問題を修正しました。
トリムモードに切り替えた際に選択トラックのカットポイントが選択されない問題を修正しました。
リンク/グループを一時解除した際に選択トラック上のクリップへ既定のトランジションが適用されない問題を修正しました。
特定の環境でトリムモードへ切り替えた際にウィンドウ下部のボタンが表示されない問題を修正しました。
DV/HDVキャプチャの際にマーカーを打つ設定にすると1フレーム前に打たれてしまう問題を修正しました。
一度作成したタイトルの再修正の際に文字単位での文字間隔の設定が正しく動作しない問題を修正しました。
ネットワークプロファイルを使用した際にEDIUSの起動が遅くなる問題を修正しました。
DVD作成したメニューのサムネイルの解像度が粗くなる問題を修正しました。
プロファイルのアイコンの選択画面で拡張子がpsd,png以外の画像ファイルが表示されない問題を修正しました。
10bitプロジェクトにてCtrl+Tで静止画保存した際に正しく保存されない問題を修正しました。
タイムラインカーソルをタイムラインウィンドウの外側までドラッグして移動させ、停止した際に停止位置がずれる問題を修正しました。
テープアウト時、オーバースキャンサイズ設定が無視される問題を修正しました。
オーディオミキサーからのラーニング時、ビンを表示した際にレスポンスが低下する問題を修正しました。
制限ユーザーでDVD/BDが作成できない問題を修正しました。
キーボードショートカットでトランジションを適用した際にフォーカスがトランジションへ移動しない問題を修正しました。
レコーダーの側にフォーカスがある際にジョグコンで操作をすると、フォーカスが更新さない問題を修正しました。
チャプタメニューのサムネイルに静止画を設定するとグレーになる問題を修正しました。
特定のMPEGファイルをEDIUSで再生すると映像が乱れる問題を修正しました。
タイトルミキサーのデュレーションを変更した際に設定が記憶されない問題を修正しました。
PDW-U1からクリップをビンに登録する際ににプロキシのダウンロード開始が遅い問題を修正しました。
ロックされたトラックのクリップがトリムできてしまう場合がある問題を修正しました。
コンソリデートの際にタイトルクリップがコピーされない問題を修正しました。
Binクリップのサムネイルにキャプチャ時指定したIn点のフレームが表示されない問題を修正しました。
EDIUSで特定のQuickTitlerで使用しているイメージファイルがオフラインだった際にタイトルを読み込むとエラー表示される問題を修正しました。
プロジェクトファイルのロードの仕方で読み込み後の表示状態が異なる問題を修正しました。
エクスポートの「In/Out間のみ出力する」設定を記憶するように改善しました。
ショートカットキー(Ctrl-P)でトランジションの追加ができない場合がある問題を修正しました。
エクスプローラでBDを開いたままDiscBurnerでそのBDに書き出しを行うと書き込みに失敗する問題を修正しました。
3way ColorCorrection設定画面のスライダーコントロールで[↑][←]キーが効かない問題を修正しました。
「カラーホイール」エフェクトで「セーフカラー」の設定が保存されない問題を修正しました。
3way ColorCorrection(ホワイトバランス)の対象色範囲指定の際にレンジ外側指定の設定が変更される問題を修正しました。
プレイヤーで再生中にスライダーを正常な位置に移動できない問題を修正しました。
プロジェクト保存の際の速度を改善しました。
オーディオCDからBinに転送された素材が「Video Clip」として識別される問題を修正しました。
プロジェクト選択ウィンドウのプロファイル選択部分で空白のエリアを右クリックしてもメニューが表示される問題を修正しました。
プロジェクトのSDからHD変更に伴いタイトルを自動リサイズした場合、タイトルミキサーエフェクトが正しく動作しない問題を修正しました。
プロジェクト新規作成画面で、プロジェクト名に既存フォルダ名+1文字を入力すると、フォルダ名が消える問題を修正しました。
独仏西語環境でトランジションプリセットをデュレーション1秒以下で作った際に再起動後、デュレーションが「--:--:--;--」になる問題を修正しました。
SANYO Xacti VPC-FH1で録画したMP4データが正常に読めない問題を修正しました。
小数点にカンマ「,」を用いる言語OS環境で、小数値のタイプ入力時に「,」が打てない問題を修正しました。
XDCAM EXクリップがBinに大量にあるプロジェクトを開く際に、時間がかかりすぎる問題を修正しました。
マルチカムモード再生時、VSC/WFM表示の際にマスター画面に正しくVSC/WFMが表示されない問題を修正しました。
ラバーバンドをCTRL+SHIFT+クリックするとEDIUSが強制終了する問題を修正しました。
ドイツ語環境のBinからのファイル復旧ダイアログで、.m2tsファイルが正しく検出されない問題を修正しました。
ファイル出力時のオートセーブのタイミングを出力実行時に行うように修正しました。
GPUfxリップルをアルファ素材のトラック間に適用すると透過部分が明るくなる問題を修正しました。
エクスポート変換のタイミングでインターレースプロジェクトをプログレッシブ変換するとコーミングが発生する場合がある問題を修正しました。
エクスポータのプリセット保存で詳細設定が保存されない問題を修正しました。
Final Cut Pro XMLインポートの際にカラーマットの色指定ができるように改善しました。




タグ:EDIUS
posted by 管理人 at 03:16 | Comment(0) | EDIUS Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

国内グラスバレーからEDIUS 6.03アップデート告知

国内グラスバレーサイトでも、EDIUS 6.03アップデートの情報が発表されました。
レガシーハードウェアへの対応と
更なる高速ワークフローを可能にしたEDIUS 6
http://pro.grassvalley.jp/press/2011/edius_603.htm


主な項目は
・ビクター、ソニーが採用している50pや60pのAVCファイル入力に対応、スムースな取り込みや編集を可能に。
・インテル最新Core iプロセッサへの対応強化(AVCHDファイル出力、ブルーレイディスクへの書き出し、H.264/AVC(MP4)ファイルへの出力が高速化)。
・VELXUSシリーズに対応

アップデートは無償公開、単なるバグフィックスではなく新機能を盛り込んできました。しかし、現在EDIUS6を使用しているユーザーの最大の関心は、プチフリ等の現在確認されている不具合への対応でしょう。しかし、今回の告知では残念ながら一切触れられていないので、アップデートが提供されるまで不安と期待をにじませて待つしかないようです。しかし、肝心の公開日時もアナウンスされていません。
また、国内版EDIUS6の名前を地の底まで突き落とした機能制限も、アップデートによる解除はあるのかどうか。可能性は薄いですが、失ったユーザーの信頼を取り戻すためにも、神対応を夢想せざるおえません。

タグ:EDIUS
posted by 管理人 at 02:44 | Comment(0) | EDIUS Pro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。